関数 FreeFile関数_使用可能なファイル番号を返す

VB&VBA
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[VB&VBA][関数 FreeFile関数_使用可能なファイル番号を返す]

FreeFile 関数

使用可能なファイル番号を整数型 (Integer) の値で返すファイル入出力関数です。

  • 構文

  • FreeFile[(rangenumber)]
  • 引数

  • rangenumber
    には、ファイル番号の範囲をバリアント型 (Variant) で指定します。指定した範囲から次に使用可能なファイル番号を返します。この引数は省略可能です。
  • 0 (既定値)1 〜 255 の範囲のファイル番号が返されます。
  • 1256 〜 511 の範囲のファイル番号が返されます。
  • 解説

  • 使用可能なファイル番号を取得するために FreeFile 関数を使用します。既に使われているファイル番号を重複して使うのを防ぐことができます。

FreeFile 関数の使用例

次の例は、FreeFile 関数を使って、次に使用可能なファイル番号を返します。この例では、ループ内で 5 つのファイルをシーケンシャル出力モード (Output) で開いています。各ファイルには、サンプル データが書き込まれているものと仮定します。
Option Explicit

Dim MyIndex, FileNumber
' ループを 5 回繰り返します。
For MyIndex = 1 To 5
    ' 未使用のファイル番号を取得します。
    FileNumber = FreeFile
    ' ファイル名を作成します。
    Open "TEST" & MyIndex For Output As #FileNumber
    ' 文字列を出力します。
    Write #FileNumber, "これはサンプルです。"
    ' ファイルを閉じます。
    Close #FileNumber
Next MyIndex






Production Japan Import Application. Since 1998