日付時刻 文字型にした1000分の1秒(日付・時間・付加)

VB&VBA
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[VB&VBA][日付時刻 文字型にした1000分の1秒(日付・時間・付加)]
Option Explicit


Function TimerStr() As String
'**********************************************
'文字型にした1000分の1秒
'**********************************************

'午前 0 時 (真夜中) から経過した秒数
'Int=Fix

TimerStr = Format(Int((CDbl(Timer) - Int(CDbl(Timer))) * 1000), "00#")

End Function


Private Sub test_TimerStr()
Dim i As Byte
For i = 1 To 10
    Debug.Print TimerStr
Next i
'031
'031
'031
'031
'031
'031
'031
'031
End Sub


Function TimerTimeStr() As String
'**********************************************
'文字型にした1000分の1秒(時間・付加)
'**********************************************

'午前 0 時 (真夜中) から経過した秒数
'Int=Fix
Dim sTimer As String
sTimer = Format(Int((CDbl(Timer) - Int(CDbl(Timer))) * 1000), "00#")

TimerTimeStr = Format(Time, "hhmmss") & sTimer

End Function


Private Sub test_TimerTimeStr()
Dim i As Byte
For i = 1 To 10
    Debug.Print TimerTimeStr
Next i
'073830906
'073830906
'073830906
'073830906
'073830921
'073830921
'073830921
'073830921
End Sub


Function TimerDateTimeStr() As String
'**********************************************
'文字型にした1000分の1秒(日付・時間・付加)
'**********************************************

'午前 0 時 (真夜中) から経過した秒数
'Int=Fix
Dim sTimer As String
sTimer = Format(Int((CDbl(Timer) - Int(CDbl(Timer))) * 1000), "00#")

TimerDateTimeStr = Format(Now, "yyyymmddhhmmss") & sTimer

End Function


Private Sub test_TimerDateTimeStr()
Dim i As Byte
For i = 1 To 10
    Debug.Print TimerDateTimeStr
Next i
'20100111074252062
'20100111074252062
'20100111074252062
'20100111074252062
'20100111074252062
'20100111074252062
'20100111074252078
'20100111074252078
End Sub


Private Sub test()
Debug.Print Date    'Date 関数
Debug.Print Time    'Time 関数
Debug.Print Timer   'Timer 関数
Debug.Print Now     'Now 関数
'2010/01/11
'7:26:04
' 26764.08
'2010/01/11 7:26:04
End Sub

Timer 関数

午前 0 時 (真夜中) から経過した秒数を表す単精度浮動小数点数型 (Single) の値を返します。

  • 構文

  • Timer
  • 解説

  • Microsoft Windows では、Timer 関数は小数点以下の値も返します。Macintosh では、小数点以下の値は返されません。
  • Timer 関数の使用例

  • 次の例は、Timer 関数を使って、プログラムの実行を中断します。この例では、DoEvents ステートメントを使って、プログラムが中断している間も他のプロセスを割り込みで処理できます。
Option Explicit


Private Sub test()
Dim PauseTime, Start, Finish, TotalTime, msg
msg = "[はい] をクリックすると、プログラムの実行が 5 秒間中断されます。"
If (MsgBox(msg, 4)) = vbYes Then
    PauseTime = 5                ' 中断時間を設定します。
    Start = Timer                ' 中断の開始時刻を設定します。
    Do While Timer < Start + PauseTime
        DoEvents                 ' 他のプロセスに制御を渡します。
    Loop
    Finish = Timer               ' 中断の終了時刻を設定します。
    TotalTime = Finish - Start   ' 実際の中断時間を計算します。
    MsgBox "実行を " & TotalTime & " 秒間中断しました。"
    Debug.Print TotalTime
Else
    End
End If
End Sub





Production Japan Import Application. Since 1998