WHS WHS_Windows_Script_Hostとは_08

VB&VBA
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[VB&VBA][WHS WHS_Windows_Script_Hostとは_08]

Windows Script Host

WSH で使用できるスクリプトを作成する
topic
  • はじめに
    • WSH 5.6 の新機能
    • Windows Script Host をアップグレードする
    • ヘルプの表記規則
    • WSH バージョン情報
    • リファレンス
      • XML 要素
        • WSH XML 要素の一覧を示します。
      • オブジェクト
        • WSH のオブジェクトの一覧を示します。
      • プロパティ
        • WSH のプロパティの一覧を示します。
      • メソッド
        • WSH のメソッドの一覧を示します。
      • イベント
        • WSH のイベントの一覧を示します。
      • エラー メッセージ
        • WSH のエラー メッセージの一覧を示します。
    • Windows Script Host の基礎
      • WSH とは
        • Windows Script Host の概要を示します。
      • ホスト環境とスクリプト エンジン
        • WSH ホスト環境と使用可能なスクリプト エンジンについて説明します
      • WSH で使用できるスクリプトを作成する
        • WSH 互換のスクリプトの作成方法について説明します。
      • Windows Script Host のオブジェクト モデル
        • WSH アーキテクチャの階層図です。
  • WSH の基本
  • スクリプトを実行する
  • Windows Script Host の基本的タスク
  • セキュリティと Windows Script Host
  • リファレンス

スクリプトを実行する

  • スクリプトは、次の 3 通りの方法で実行できます。
    • Windows 環境内でスクリプトのアイコンをダブルクリックします。スクリプトは、通常の実行可能ファイルと同様の方法で実行できます。
    • Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスの [名前] フィールドにスクリプトのフル パスを入力し、[OK] をクリックします。
    • コマンド ラインにスクリプトの名前を入力します。

Windows スクリプト ファイル (.wsf) を使用する

  • Windows スクリプト (*.wsf) ファイルは、XML (Extensible Markup Language) コードを含むテキスト ドキュメントです。
  • Windows スクリプト ファイルでは、スクリプトの柔軟性を向上するいくつかの機能がサポートされています。
  • Windows スクリプト ファイルはエンジンに依存しないので、Windows スクリプト互換の任意のスクリプト エンジンで作成したスクリプトを Windows スクリプト ファイルに含めることができます。
  • Windows スクリプト ファイルは、一種のコンテナとして機能します。
  • wsf ファイルを使用してスクリプトを作成すると、次のような機能を利用できます。
.wsf ファイルでサポートされている機能 利点
インクルード ステートメント VBScript ファイルまたは JScript ファイルに記述されている関数を Windows Script Host プロジェクトに取り込むことができます。
複数のエンジン 同じファイル内で複数のスクリプト言語を使用できます。
タイプ ライブラリ コードに定数を追加できます。
ツール 任意の XML エディタでファイルを編集できます。
複数のジョブ 1 つのファイルに複数のジョブを記述できるので、すべてのコードを 1 か所に保存できます。

インクルード ステートメント

  • 以前に作成した Windows Script Host プロジェクトに .js ファイルおよび .vbs ファイルが含まれている場合は、.wsf ファイルを経由して、それらを Windows Script Host で使用することができます。
  • 関数のライブラリを 1 つの .wsf ファイルにカプセル化すれば、ほかの複数の .wsf ファイルからそれらの関数を使用できます。
次の例では、.wsf ファイルに JScript ファイル (fso.js) をインクルードしており、さらに、インクルード ファイル内の関数 (GetFreeSpace) を呼び出す VBScript 関数をインクルードしています。ここでは、fso.js の内容も示しておきます。
'C ドライブの空き領域を取得.wsf

<job id="IncludeExample">
   <script language="JScript" src="js/FSO.JS"/>
   <script language="VBScript">
      ' C ドライブの空き領域を取得します。
      s = GetFreeSpace("c:")
      WScript.Echo s
   </Script>
</job>
'FSO.JS

function GetFreeSpace(drvPath) {
   var fs, d, s;
   fs = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
   d = fs.GetDrive(fs.GetDriveName(drvPath));
   s = "Drive " + drvPath + " - " ;
   s += d.VolumeName;
   s += " Free Space: " + d.FreeSpace/1024 + " Kbytes";
   return s;
}

複数エンジンのサポート

  • 1 つのスクリプト言語だけではニーズを完全に満たせないことがあります。このため、Windows Script Host では、単一の .wsf ファイル内で複数の言語を組み合わせて使用できるようになっています。
次の例は、VBScript コードと PerlScript コードの両方が含まれている .wsf ファイルを示しています。
<job id="PERLandVBS">
   <script language="PerlScript">
      sub PerlHello {
         my $str = @_[0];
         $WScript->Echo($str);
      }
   </script>

   <script language="VBScript">
      WScript.Echo "Hello from VBScript"
      PerlHello "Hello from PERLScript"
   </script>
</job>





Production Japan Import Application. Since 1998