WHS WHS_Windows_Script_Hostとは_10

VB&VBA
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[VB&VBA][WHS WHS_Windows_Script_Hostとは_10]

Windows Script Host

WSH で使用できるスクリプトを作成する
topic
  • はじめに
    • WSH 5.6 の新機能
    • Windows Script Host をアップグレードする
    • ヘルプの表記規則
    • WSH バージョン情報
    • リファレンス
      • XML 要素
        • WSH XML 要素の一覧を示します。
      • オブジェクト
        • WSH のオブジェクトの一覧を示します。
      • プロパティ
        • WSH のプロパティの一覧を示します。
      • メソッド
        • WSH のメソッドの一覧を示します。
      • イベント
        • WSH のイベントの一覧を示します。
      • エラー メッセージ
        • WSH のエラー メッセージの一覧を示します。
    • Windows Script Host の基礎
      • WSH とは
        • Windows Script Host の概要を示します。
      • ホスト環境とスクリプト エンジン
        • WSH ホスト環境と使用可能なスクリプト エンジンについて説明します
      • WSH で使用できるスクリプトを作成する
        • WSH 互換のスクリプトの作成方法について説明します。
      • Windows Script Host のオブジェクト モデル
        • WSH アーキテクチャの階層図です。
  • WSH の基本
  • スクリプトを実行する
  • Windows Script Host の基本的タスク
  • セキュリティと Windows Script Host
  • リファレンス

スクリプト プロパティを設定/カスタマイズする (.wsh)

  • Windows Script Host 制御 (.wsh) ファイルを使用すると、個々のスクリプトに固有の設定を記録できます。.
  • wsh ファイルは、1 つまたは複数のスクリプトの実行をカスタマイズするためのテキスト ドキュメントです。
  • サポートされているスクリプト ファイルのプロパティを設定すると、.wsh ファイルが自動的に作成されます。
  • 単一のスクリプトに対して複数の .wsh ファイルを作成すると、組織内の特定のグループやユーザーのニーズに応じてスクリプトの動作をカスタマイズすることができます。
  • たとえば、異なる設定およびパラメータを 2 つの .wsh ファイルに記録し、単一のログオン スクリプトを呼び出すときに、その 2 つの .wsh ファイルを適宜使い分けることなどが可能です。
  • wsh ファイルをダブルクリックするか、またはコマンド ラインから実行すると、CScript.exe または WScript.exe がその .wsh ファイルを読み取り、スクリプトの実行にどの設定を使用するべきかを判別します。
  • CScript または WScript は、.wsh ファイル内で定義されているプロパティを読み込みながら、オリジナルのスクリプトを実行します。

特定のスクリプトに対して .wsh ファイルを作成するには

  1. Windows エクスプローラで スクリプト ファイルを右クリックします。
  2. [プロパティ] をクリックします。
  3. スクリプトに適用する設定を選択します。
  4. [OK] または [適用] をクリックします。
  5. 選択したスクリプト ファイルと同じ名前の .wsh ファイルが作成されます。

コマンド プロンプトからスクリプトを実行する

  • Windows Script Host では、コマンド プロンプトからスクリプトを実行できます。
  • CScript.exe には、スクリプトのプロパティを設定するためのコマンド ライン スイッチが用意されています。

CScript.exe を使用してスクリプトを実行するには

  • 次の構文を使用して、コマンド プロンプトにコマンドを入力します。
  • cscript [host options...] [script name] [script options and parameters]
  • ホスト オプション ([host options...]) を指定すると、Windows Script Host の各種機能の有効/無効を切り替えることができます。
  • ホスト オプションの先頭には、2 重スラッシュ (//) を付けます。スクリプト名 ([script name]) には、拡張子を付けてスクリプト ファイル名を指定し、必要なパス情報を含めます。
  • たとえば、「d:\admin\vbscripts\chart.vbs」のように入力します。
  • スクリプト オプションおよびパラメータ ([script options and parameters]) は、スクリプトに渡す引数です。
  • スクリプト パラメータの先頭には、1 重スラッシュ (/) を付けます。
  • 各パラメータは、省略可能です。
  • ただし、スクリプト名を指定しなければ、スクリプト オプションを指定できません。
  • ファイル名とパラメータをすべて省略すると、CScript の構文と有効なホスト パラメータが表示されます。
  • C:\>cscript C:\test\cget.wsf
    Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.7
    Copyright (C) Microsoft Corporation 1996-2001. All rights reserved.

    Drive c: -  Free Space: 49256268 Kbytes

    C:\>

スクリプトを実行するときにロゴを表示するかどうかを指定するには

  1. MS-DOS コマンド プロンプトを起動します。
  2. 次に示すように、//logo オプションまたは //nologo オプションを指定して、コマンド プロンプトからスクリプトを実行します。
  3. cscript //logo c:\"sample scripts"\chart.vbs
    cscript //nologo c:\"sample scripts"\chart.vbs
スクリプト センター
http://technet.microsoft.com/ja-jp/scriptcenter/default.aspx
スクリプト センター
スクリプト一覧

スクリプト センターでは、Windows 2000、Windows XP、および Windows Server 2003 上で動作するサンプル スクリプトを集約し、分類しています。


http://www.microsoft.com/japan/technet/scriptcenter/scripts/default.mspx
スクリプト センター
連載コラム
http://www.microsoft.com/japan/technet/scriptcenter/learnit.mspx





Production Japan Import Application. Since 1998