WHS WHS_Windows_Script_Hostとは_12

VB&VBA
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[VB&VBA][WHS WHS_Windows_Script_Hostとは_12]

Windows Script Host

WSH で使用できるスクリプトを作成する
topic
  • はじめに
    • WSH 5.6 の新機能
    • Windows Script Host をアップグレードする
    • ヘルプの表記規則
    • WSH バージョン情報
    • リファレンス
      • XML 要素
        • WSH XML 要素の一覧を示します。
      • オブジェクト
        • WSH のオブジェクトの一覧を示します。
      • プロパティ
        • WSH のプロパティの一覧を示します。
      • メソッド
        • WSH のメソッドの一覧を示します。
      • イベント
        • WSH のイベントの一覧を示します。
      • エラー メッセージ
        • WSH のエラー メッセージの一覧を示します。
    • Windows Script Host の基礎
      • WSH とは
        • Windows Script Host の概要を示します。
      • ホスト環境とスクリプト エンジン
        • WSH ホスト環境と使用可能なスクリプト エンジンについて説明します
      • WSH で使用できるスクリプトを作成する
        • WSH 互換のスクリプトの作成方法について説明します。
      • Windows Script Host のオブジェクト モデル
        • WSH アーキテクチャの階層図です。
  • WSH の基本
  • スクリプトを実行する
  • Windows Script Host の基本的タスク
  • セキュリティと Windows Script Host
  • リファレンス

WScript.exe および CScript.exe のオプション

  • 次の表に示すオプションは、この表の中で例外として明記している場合を除いて、基本的に WScript.exe と CScript.exe のどちらでも使用できます。
  • パラメータ 説明
    //B バッチ モードでスクリプトを実行します。ユーザー プロンプトおよびスクリプト エラーをコマンド ライン表示しません。既定の設定は、対話モードです。
    //D アクティブ デバッグを使用可能にします。
    //E:engine 指定したスクリプト エンジンでスクリプトを実行します。
    //H:CScript または //H:Wscript CScript.exe または WScript.exe をスクリプト実行用の既定アプリケーションとして登録します。どちらも指定しなければ、WScript.exe が既定のアプリケーションとみなされます。
    //I 既定値です。対話モードでスクリプトを実行します。バッチ モードとは逆に、ユーザー プロンプトおよびスクリプト エラーの表示を有効にします。
    //Job:<JobID> 指定した JobID を .wsf ファイルから実行します。
    //logo 既定値です。バナーを表示します。nologo の逆の設定です。
    //nologo 実行時にバナーを表示しません。既定の設定では、logo が適用されます。
    //S このユーザーに対して、現在のコマンド ライン オプションを保存します。
    //T:nn スクリプトの実行を継続できる時間の上限 (タイムアウト) を設定します。既定では、スクリプトは制限なしで実行されます。//T パラメータでタイムアウトを設定すると、スクリプトが長時間にわたって実行されるのを防止できます。実行時間が指定値を超過すると、CScript が IActiveScript::InterruptThread メソッドを使用してスクリプト エンジンに割り込み、プロセスを強制終了します。
    //U Windows NT および Windows 2000 で使用できるオプションです。コマンド ライン出力を Unicode にします。CScript には、Unicode と ANSI を自動的に判別する機能はありません。既定の設定では、ANSI が使用されます。
    //X スクリプトをデバッガで実行します。
    //? コマンド パラメータの説明および使用法に関する概略を表示します。

スクリプトの実行時に指定する情報

  • スクリプトの名前を入力して実行するときに指定する情報は、使用している Windows のバージョンとスクリプトの実行方法によって異なります。
  • スクリプトの実行方法 Windows のバージョン 指定する情報
    コマンド プロンプト Windows NT または Windows 2000 スクリプト名をファイル名拡張子を付けずに指定します (例 : myScript)。
    メモ ただし、WSH 実行可能ファイルの名前を指定する場合は、スクリプト ファイルの拡張子を指定する必要があります (例 : cscript myScript.wsf)
    コマンド プロンプト Windows 9x または Windows Me WSH 実行可能ファイルの名前を指定し、続けてスクリプト ファイルの名前を拡張子を付けて指定します。
    例 : cscript myScript.wsf
    [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスの [名前] ボックス Windows NT、Windows 2000、Windows 9x または Windows Me スクリプト ファイル名を拡張子を付けて指定します。





Production Japan Import Application. Since 1998