WHS WHS_Windows_Script_Hostとは_14

VB&VBA
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[VB&VBA][WHS WHS_Windows_Script_Hostとは_14]

Windows Script Host

WSH で使用できるスクリプトを作成する
topic
  • はじめに
    • WSH 5.6 の新機能
    • Windows Script Host をアップグレードする
    • ヘルプの表記規則
    • WSH バージョン情報
    • リファレンス
      • XML 要素
        • WSH XML 要素の一覧を示します。
      • オブジェクト
        • WSH のオブジェクトの一覧を示します。
      • プロパティ
        • WSH のプロパティの一覧を示します。
      • メソッド
        • WSH のメソッドの一覧を示します。
      • イベント
        • WSH のイベントの一覧を示します。
      • エラー メッセージ
        • WSH のエラー メッセージの一覧を示します。
    • Windows Script Host の基礎
      • WSH とは
        • Windows Script Host の概要を示します。
      • ホスト環境とスクリプト エンジン
        • WSH ホスト環境と使用可能なスクリプト エンジンについて説明します
      • WSH で使用できるスクリプトを作成する
        • WSH 互換のスクリプトの作成方法について説明します。
      • Windows Script Host のオブジェクト モデル
        • WSH アーキテクチャの階層図です。
  • WSH の基本
  • スクリプトを実行する
  • Windows Script Host の基本的タスク
  • セキュリティと Windows Script Host
  • リファレンス

基本的な Windows Script Host タスク

  • ここでは、よく使われる Windows Scripting Host 5.6 スクリプトをいくつか紹介します。
  • これらのスクリプトには基本的な機能が含まれています。
  • 次のタスク内のスクリプトは、開発に JScript、VBScript のどちらを使用する場合でも、基本的には同じです。
  • 必要に応じて、2 つのスクリプト モデルの違いについて記載しています。
  • また、タスクは JScript と VBScript の両方を記述しています。

ネットワークにアクセスする

WSH を使用すると、スクリプトを通してネットワークに簡単にアクセスできます。次に、それらの機能の使用するタスクを例示します。

ネットワーク接続にアクセスする

Network オブジェクトを使用すると、ネットワークの情報にアクセスできます。次のスクリプトは、ネットワーク ドライブを割り当てる例を示しています。このスクリプトではまず、Network オブジェクトが作成されます。次に、Network オブジェクトの MapNetworkDrive メソッドによって割り当て処理が実行されます。MapNetworkDrive メソッドには次の 5 つの引数を指定できます。
  • ローカル ドライブの割り当て (I: など)
  • マップされたリモート ドライブへのUNC (Universal Naming Convention) パス
  • ドライブを永続的に接続するかどうかを示すブール値 (省略可能)
  • ユーザー名 (省略可能)。別のアカウント情報を使用する場合に指定
  • パスワード (省略可能)。別のユーザー名を使用する場合に指定
  • // JScript.
    var net;
    net = new ActiveXObject("WScript.Network");
    net.MapNetworkDrive("I:", "\\\\computer2\\public","True","jdoe","jdoepassword");

    ' VBScript.
    Dim net
    Set net = CreateObject("WScript.Network")
    net.MapNetworkDrive "I:", "\\computer2\public","True","jdoe","jdoepassword"

ネットワーク プリンタを制御する

Network オブジェクトを使用すると、ネットワーク上の印刷装置にアクセスできます。以下のスクリプトは、Network オブジェクトを使ってネットワーク プリンタ装置を制御する例を示しています。
  • リモート プリンタに接続する
  • 次のスクリプトは、ネットワーク共有された印刷装置に接続する例を示しています。
  • このスクリプトではまず、Network オブジェクトが作成されます。
  • 次に、Network オブジェクトの AddWindowsPrinterConnection メソッドによって、接続処理が実行されます。
  • AddWindowsPrinterConnection メソッドには 2 つの引数を指定できます。
  • 2 つの引数は、プリンタの呼び名と印刷装置への UNC (Universal Naming Convention) パスです。
  • // JScript.
    var net;
    net = new ActiveXObject("WScript.Network");
    net.AddWindowsPrinterConnection("\\\\ServerName\\PrinterName");

    ' VBScript.
    Dim net
    Set net = CreateObject("WScript.Network")
    net.AddWindowsPrinterConnection "\\ServerName\PrinterName"
  • 既定のプリンタを設定する
  • 次のスクリプトは、既定で使用する印刷装置を設定する例を示しています。
  • このスクリプトではまず、Network オブジェクトが作成されます。
  • 次に、Network オブジェクトの SetDefaultPrinter メソッドによって設定処理が実行されます。
  • SetDefaultPrinter メソッドには引数を 1 つ指定できます。
  • この引数はプリンタ名です。ローカル プリンタ名またはリモート プリンタ名 (印刷装置への UNC (Universal Naming Convention) パス) のいずれかを指定できます。
  • // JScript.
    var net;
    net = new ActiveXObject("WScript.Network");
    net.SetDefaultPrinter("\\\\ServerName\\PrinterName");

    ' VBScript.
    Dim net
    Set net = CreateObject("WScript.Network")
    net.SetDefaultPrinter "\\ServerName\PrinterName"





Production Japan Import Application. Since 1998