情報関連 EXCELBOOKドキュメントプロパティの取得

VB&VBA
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[VB&VBA][情報関連 EXCELBOOKドキュメントプロパティの取得]

'次の表は、組み込みのドキュメント プロパティの ID 番号と名前の一覧です。
'
'ID 番号 名前    ローカル名
'1   Title タイトル
'
'2   Subject サブタイトル
'
'3   Author 作成者
'
'4   Keywords キーワード
'
'5   Comments コメント
'
'6   Template テンプレート
'
'7   Last Author 更新者
'
'8   Revision Number 改訂番号
'
'9   Application Name    アプリケーション名
'
'10  Last Print Date 印刷日時
'
'11  Creation Date   作成日時
'
'12  Last Save Time  更新日時
'
'13  Total Editing Time  編集時間
'
'14  Number of Pages ページ数
'
'15  Number of Words 単語数
'
'16  Number of Characters    文字数
'
'17  Security セキュリティ
'
'18  Category 分類
'
'19  Format 形式
'
'20  Manager 管理者
'
'21  Company 会社名
'
'22  Number of Bytes バイト数
'
'23  Number of Lines 行数
'
'24  Number of Paragraphs    段落数
'
'25  Number of Slides    スライドの数
'
'26  Number of Notes メモの数
'
'27  Number of Hidden Slides 非表示スライドの数
'
'28  Number of Multimedia Clips  マルチメディア クリップの数
'
'29  Hyperlink base  ハイパーリンクの基点
'
'30  Number of Charactors (with space)   文字数 (スペースを含む)
'
'コンテナ アプリケーションでは、すべての組み込みのドキュメント プロパティに対して値が定義されているわけではありません。
'目的のアプリケーションで組み込みのドキュメント プロパティの値が定義されていない場合、
'そのドキュメント プロパティに対する Value プロパティを取得すると、エラーが発生します。

Private Sub Workbook_SheetActivate(ByVal Sh As Object)

'BuiltinDocumentProperties プロパティの使用例
'
'次の使用例は、組み込みのドキュメント プロパティの名前のリストを、ワークシート 1 に作成します。
Dim rw, p, a
rw = 1
Worksheets(1).Activate
For Each p In ActiveWorkbook.BuiltinDocumentProperties
    Cells(rw, 1).Value = p.Name
    rw = rw + 1
Next

For a = 1 To rw - 1
On Error Resume Next
p = Me.BuiltinDocumentProperties(Cells(a, 1).Value)
Cells(a, 2).Value = p
EE:
Next a
End Sub





Production Japan Import Application. Since 1998