連携 Executeメソッド登録されているプロシージャを実行

VB&VBA
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[VB&VBA][連携 Executeメソッド登録されているプロシージャを実行]

' コマンド バー コントロールに登録されているプロシージャを実行します。または、ファイルの検索を開始します。
'-------------------------------------------------------------------------------------
'CommandBarButton
'
'Execute メソッド (CommandBarControl オブジェクト)
'
' 指定したコマンド バー コントロールに登録されているプロシージャまたは組み込みのコマンドを実行します。
'カスタム コントロールの場合は、OnAction プロパティを使用して、実行するプロシージャを指定します。
'
'構文
'
'expression.Execute
'
'expression 必ず指定します。
'CommandBarControl、 CommandBarButton、 CommandBarPopup、 CommandBarComboBox オブジェクトのいずれかを
'表すオブジェクト式を指定します。
'
'Execute メソッド (CommandBarControl オブジェクト) の使用例
'
'次の Excel での使用例は、コマンド バーを作成し、
'コマンド バーにオート SUM 機能を実行する組み込みのコマンド バー ボタン コントロールを追加します。
'次に、コマンド バーを表示し、選択したセル範囲を合計します。

Dim cbrCustBar As CommandBar
Dim ctlAutoSum As CommandBarButton
Set cbrCustBar = CommandBars.Add("ユーザー設定")
Set ctlAutoSum = cbrCustBar.Controls _
.Add(msoControlButton, CommandBars("Standard").Controls("AutoSum").ID)
cbrCustBar.Visible = True
ctlAutoSum.Execute
'-------------------------------------------------------------------------------------
'CommandBarControl

'Execute メソッド (CommandBarControl オブジェクト)
'
'指定したコマンド バー コントロールに登録されているプロシージャまたは組み込みのコマンドを実行します。
'カスタム コントロールの場合は、OnAction プロパティを使用して、実行するプロシージャを指定します。
'
'構文
'
'expression.Execute
'
'expression 必ず指定します。
' CommandBarControl、 CommandBarButton、 CommandBarPopup、 CommandBarComboBox オブジェクトのいずれかを
'表すオブジェクト式を指定します。
'
'Execute メソッド (CommandBarControl オブジェクト) の使用例
'次の Excel での使用例は、コマンド バーを作成し、
'コマンド バーにオート SUM 機能を実行する組み込みのコマンド バー ボタン コントロールを追加します。
'次に、コマンド バーを表示し、選択したセル範囲を合計します。

Dim cbrCustBar As CommandBar
Dim ctlAutoSum As CommandBarButton
Set cbrCustBar = CommandBars.Add("ユーザー設定")
Set ctlAutoSum = cbrCustBar.Controls _
.Add(msoControlButton, CommandBars("Standard").Controls("AutoSum").ID)
cbrCustBar.Visible = True
ctlAutoSum.Execute
'-------------------------------------------------------------------------------------
'CommandBarPopup

'Execute メソッド (CommandBarControl オブジェクト)
'
'指定したコマンド バー コントロールに登録されているプロシージャまたは組み込みのコマンドを実行します。
'カスタム コントロールの場合は、OnAction プロパティを使用して、実行するプロシージャを指定します。
'
'構文
'
'expression.Execute
'
'expression 必ず指定します。
' CommandBarControl、 CommandBarButton、 CommandBarPopup、 CommandBarComboBox オブジェクトのいずれかを
'表すオブジェクト式を指定します。
'
'Execute メソッド (CommandBarControl オブジェクト) の使用例
'
'次の Excel での使用例は、コマンド バーを作成し、
'コマンド バーにオート SUM 機能を実行する組み込みのコマンド バー ボタン コントロールを追加します。
'次に、コマンド バーを表示し、選択したセル範囲を合計します。

Dim cbrCustBar As CommandBar
Dim ctlAutoSum As CommandBarButton
Set cbrCustBar = CommandBars.Add("ユーザー設定")
Set ctlAutoSum = cbrCustBar.Controls _
.Add(msoControlButton, CommandBars("Standard") _
.Controls("AutoSum").ID)
cbrCustBar.Visible = True
ctlAutoSum.Execute
'-------------------------------------------------------------------------------------
'CommandBarComboBox

'Execute メソッド (CommandBarControl オブジェクト)
'
'指定したコマンド バー コントロールに登録されているプロシージャまたは組み込みのコマンドを実行します。
'カスタム コントロールの場合は、OnAction プロパティを使用して、実行するプロシージャを指定します。
'
'構文
'
'expression.Execute
'
'expression 必ず指定します。
'CommandBarControl、 CommandBarButton、 CommandBarPopup、 CommandBarComboBox オブジェクトのいずれかを
'表すオブジェクト式を指定します。
'
'Execute メソッド (CommandBarControl オブジェクト) の使用例
'
'次の Excel での使用例は、コマンド バーを作成し、
'コマンド バーにオート SUM 機能を実行する組み込みのコマンド バー ボタン コントロールを追加します。
'次に、コマンド バーを表示し、選択したセル範囲を合計します。

Dim cbrCustBar As CommandBar
Dim ctlAutoSum As CommandBarButton
Set cbrCustBar = CommandBars.Add("ユーザー設定")
Set ctlAutoSum = cbrCustBar.Controls _
.Add(msoControlButton, CommandBars("Standard").Controls("AutoSum").ID)
cbrCustBar.Visible = True
ctlAutoSum.Execute

'-------------------------------------------------------------------------------------
'FileSearch

'Execute メソッド (FileSearch オブジェクト)
'
'FileSearch オブジェクトでは、指定したファイルの検索を開始します。
'
'構文
'
'expression.Execute(SortBy, SortOrder, AlwaysAccurate)
'
'expression 必ず指定します。 FileSearch オブジェクトを表すオブジェクト式を指定します。
'
'SortBy 省略可能です。 バリアント型 (Variant) の値を指定します。検索結果のファイルを並べ替えるときの基準を指定します。
'
' 使用できる定数は、 MsoSortBy クラスの msoSortbyFileName (ファイル名)、
'msoSortbyFileType (ファイルの種類)、 msoSortbyLastModified (更新日時)、 msoSortbySize (サイズ) のいずれかです。
'SortOrder 省略可能です。 バリアント型 (Variant) の値を指定します。
'検索結果のファイル一覧を並べ替えるときの順序を指定します。
'
' 使用できる定数は、 MsoSortOrder クラスの msoSortOrderAscending (昇順) または msoSortOrderDescending (降順) です。
'
'AlwaysAccurate 省略可能です。 ブール型 (Boolean) の値を指定します。
'True を指定すると、ファイル一覧が最後に更新されてから追加、変更、または削除されたファイルも検索の対象に含まれます。
'既定値は True です。
'
'Execute メソッド (FileSearch オブジェクト) の使用例
'
'次の使用例は、[My Documents] フォルダの中で、ファイル名の拡張子が ".doc" のファイルをすべて検索し、
'条件を満たすファイルの名前と保存場所の一覧を表示します。また、検索結果のファイル一覧を、ファイル名の昇順で並べ替えます。

Set fs = Application.FileSearch
With fs
    .LookIn = "C:\My Documents"
    .Filename = "*.doc"
        If .Execute(SortBy:=msoSortByFileName, _
            SortOrder:=msoSortOrderAscending) > 0 Then
            MsgBox .FoundFiles.Count & _
            " 個のファイルが見つかりました。"
                For i = 1 To .FoundFiles.Count
                    MsgBox .FoundFiles(i)
                Next i
        Else
            MsgBox "検索条件を満たすファイルはありません。"
        End If
End With





Production Japan Import Application. Since 1998