エラー ErrオブジェクトHelpFileプロパティ解説と使用例

VB&VBA
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[VB&VBA][エラー ErrオブジェクトHelpFileプロパティ解説と使用例]

HelpFile プロパティ

  • ヘルプ ファイルへの絶対バスを含む文字列式を設定します。値の取得も可能です。
  • 解説
  • ヘルプ ファイルを HelpFile プロパティで指定すると、エラー メッセージが表示されるダイアログ ボックス内で [ヘルプ] ボタンをクリックするか、または F1 キー (Windows) か Help キー(Macintosh) )を押したときに自動的に呼び出されます。HelpContext プロパティに指定したファイルの有効なコンテキスト番号が入っていると、そのトピックが自動的に表示されます。HelpFile プロパティを指定しない場合は、Visual Basic のヘルプ ファイルが表示されます。
  • HelpFile プロパティの使用例
  • 次の例は、Err オブジェクトの HelpFile プロパティを使って、ヘルプを表示します。特に指定しない限り、HelpFile プロパティには Visual Basic のヘルプ ファイルの名前が格納されています。
  • Option Explicit


    Private Sub test()
    Dim Msg
    Err.Clear
    On Error Resume Next
    Err.Raise 6 ' "オーバーフローしました。" エラーを発生させます。
        If Err.Number <> 0 Then
            Msg = "ヘルプ コンテキスト番号 " _
            & Err.HelpContext & " について " & _
            Err.HelpFile _
            & " のヘルプを参照するには、F1 キーまたは Help キーを押してください。"

            MsgBox Msg, , "エラー : " & _
            Err.Description, Err.HelpFile, Err.HelpContext
            Debug.Print Err.Description
            Debug.Print Err.HelpFile
            Debug.Print Err.HelpContext
        End If
    'オーバーフローしました。
    'C:\PROGRA~1\COMMON~1\MICROS~1\VBA\VBA6\1041\VbLR6.chm
    '1000006
    End Sub






Production Japan Import Application. Since 1998