WEB Win標準装備FTPexeを使いVBAで操作-2

VB&VBA
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[VB&VBA][WEB Win標準装備FTPexeを使いVBAで操作-2]
  • MS-DOSコマンドプロンプトでFTPexeを操作する
  1. 後にVBAでの操作を説明します。
  2. 既にサーバ側にファイルをお持ちの方は実行動作確認テストをしてから行って下さい
  1. これは
  2. アスキーモード(文書ファイル等)
  3. バイナリモード(画像ファイル等)
  4. の切り替え
  1. これは
  2. ローカル上のアップしたいフォルダに移動して
  3. そのファイルをUPしています
  4. 単一ファイルの場合です
  1. これは
  2. アスタリスク*を使用して
  3. 複数のファイルをUPしています
  4. 複数ファイルが大量でも問題ありませんが
  5. 対話モードの為、ひとつひとつ
  6. Enterキーが必要です
  7. この回避方法は後で説明します
  1. これも
  2. 複数のファイルをUPしています
  1. これは
  2. 逆にダウンロードしています
  3. 要領は全く同じです
  1. ダウンロードも複数指定できます
  1. これはサーバー上のファイルの名前を変更するコマンドです
system32_ftpexe02/24.jpg
  1. これはサーバー上のファイルを削除しています
  1. これはサーバー上にフォルダ(ディレクトリー)を作成し
  2. 削除しています
シリーズ関連リンク
WEB Win標準装備FTPexeを使いVBAで操作- 1 基本1
2 基本2
3 基本3
4 基本4
5 コマンド一覧
6 バッチファイル
7 タスク登録
8 VB又はVBAでの記述





Production Japan Import Application. Since 1998