WEB Win標準装備FTPexeを使いVBAで操作-7

VB&VBA
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[VB&VBA][WEB Win標準装備FTPexeを使いVBAで操作-7]
  • MS-DOSコマンドプロンプトでFTPexeを操作する
  1. バッチファイルをタスクに登録し自動実行する
  2. PC未使用時間帯で実行
system32_ftpexe07/02.jpg
  1. スタート
system32_ftpexe07/04.jpg
  1. コントロールパネル
system32_ftpexe07/05.jpg
  1. タスク
system32_ftpexe07/06.jpg
  1. スケジュールされたタスクの追加
  1. 次へ
  1. 参照
  1. 該当batを選択
  1. 各項目設定
  1. 確認
  1. 確認
  2. パスワード入力
  1. 完了
  1. タスクが追加された
Mstask.exe(タスクスケジューラ)
  • 同一時刻に実行されるよう設定された 2 つのタスクが存在すると問題が発生することがあります。最初のタスクが正しく発行されると、[タスクを実行中] と表示されます。このとき次のタスクが実行されないと、最初のタスクの後処理が完了しないままとなります。タスクの状態が [タスクを実行中] と表示されているため、以後 Mstask.exe がタスクを実行しようとし続けても実行されません。
<関連>
シリーズ関連リンク
WEB Win標準装備FTPexeを使いVBAで操作- 1 基本1
2 基本2
3 基本3
4 基本4
5 コマンド一覧
6 バッチファイル
7 タスク登録
8 VB又はVBAでの記述





Production Japan Import Application. Since 1998