FIPS ●FIPS library3

ハード
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[ハード][FIPS ●FIPS library3]
前のページ

1. 最初にお読みください (README.1ST)

■FIPS v2.0_README.1ST

FIPS は、ハードディスクの内容を壊さずにパーティション(パーティション)を分割するツールです。

★重要★

FIPS の利用にあたっては、取扱説明書である FIPS.DOC を*しっかりと*読んでください。FIPSは、操作しながらその利用方法がわかるタイプのソフトウェアでは*ありません*。少なくとも、FIPS.DOCの 2, 5, 7, 8 章(訳注:この翻訳版では 2.3, 2.6, 2.8, 2.9)には目を通しておくことを強くおすすめします。もし問題が発生したときは、 4, 9, 10 章(同じく 2.5, 2,10, 2.11)と FIPS.FAQ をご覧ください。
Muto Toshihisa氏は親切にも、それらの文書を日本語に翻訳しています。日本語訳は、日本では NIFTY SERVE FPCUPROLIB1 #463 から入手できます。日本のユーザーはこれがどういう意味か、きっとわかるでしょう。 (訳注:ここにあるものは version1.4 です)
よく発生する問題は、デフラグメントするプログラムが、移動できないセクタをパーティションの最後に残してしまう、というものです。この点に関しては、 FIPS.DOC に詳しく述べています。そのほかの頻繁に受ける質問は、 FIPS.FAQ で答えています。
OS/2 や OnTrack Disk Manager のようなディスクドライバや、Stacker のようなディスク圧縮システムを使っている場合は、必ず SPECIAL.DOC にある関連する章を読んでください。
以前のバージョンからの変更点は、HISTORY.TXT ファイルに列挙されています。最新のバージョンは私の FIPS WWW ページ http://www.igd.fhg.de/~aschaefe/fips/ から入手可能です。
FIPS は、約 5 年の間公開されています。インターネット上の多くの人々によって利用されてきました。大きな問題は報告されていません。
しかしながら、信頼性を100% 保証することはできません。FIPS は、ハードディスクの重要なセクタを読み書きします。未発見の障害が原因となりハードディスクを破壊するかもしれません。あくまでも自分のリスクにおいて利用してください。
データを失いたくないのであれば、FIPS を利用する前に完全なバックアップを取ってください。(FIPS が問題なく動いた場合、少なくともバックアップを復帰する時間は節約できます)
しかし、安全に FIPS が使えるようにできるだけの努力はしてきました。もし、ハードディスクの状態がおかしいと思ったら、FIPS はエラーメッセージを出して終了します。たとえDOS がおかしいとはみなさないハードディスクであっても終了することがあります。
エラーが発生すると、簡単な説明がついたエラーメッセージを表示します。どう対応したらよいかわからない場合は、FIPS.DOC と FIPS.FAQ を読んでください。
FIPS がどう動いているかを知りたい場合は、ファイル TECHINFO.TXT をご覧ください。もし、追加したり修正したりすべき点があれば、知らせてください。
FIPS は、GNU GENERAL PUBLIC LICENSE (GPL)に基づき、フリーになっています。ファイル COPYING を見てください。FIPSは、以下に記したすべてのファイルを変更しないで含めるという条件のもとで、自由に再配布することができます。もし修正した場合は、GPL の条件に従わなければいけません。
FIPS のコピーライトは私が所有しています。ソースプログラムの一部を利用したい場合は、GPL の条項に基づいて利用できます。もちろん、ソースの一部を利用したことは知らせてほしいと思います。GPLでカバーされていない範囲のプログラム (シェアウェアあるいは商用)にソースプログラムを使いたい場合でも、たぶん許可できると思います。ただし、この場合、まずはじめに私に連絡してください。

このアーカイブには、以下のファイルが含まれているはずです。

CALCULAT.CPP - 新しいルート/ブートセクタのチェックの計算
CHECK.CPP - ルート/ブートセクタのチェック
CMDL_ARG.CPP - コマンドライン引数の評価
DISK_IO.CPP - 低レベルのディスク I/O
FAT.CPP - FAT に対する操作
GLOBAL.CPP - 全体処理
HDSTRUCT.CPP - ハードディスク特有のクラス
FIPSSPEC.CPP - ハードディスククラスの FIPS 対応化
INPUT.CPP - ユーザ入力
LOGDR_ST.CPP - 論理ドライブに対する操作
MAIN.CPP - main()
SAVE.CPP - ルートとブートセクタの保存
HOST_OS.CPP - OS の判定
DISK_IO.H - 低レベルの I/O クラス
FAT.H - FAT クラス
GLOBAL.H - 全体の定義
HDSTRUCT.H - ハードディスク特有のクラス
FIPSSPEC.H - ハードディスククラスの FIPS 対応化
INPUT.H - ユーザ入力のプロトタイプ
LOGDR_ST.H - 論理ドライブのクラス
TYPES.H - 型定義
HOST_OS.H - host_os のクラス
PRIMPART.H - プライマリパーティションのクラス
GETOPT.C - コマンドライン解析用の簡単な UNIX getopt クローン
GETOPT.H - GETOPT.C のプロトタイプ宣言など
VERSION.H - FIPS のバージョン
RTYPES.H - RESTORRB の定義ファイル
RESTORRB.C - ルートとブートセクタを保存するプログラム
RVERSION.H - RESTORRB のバージョン
FIPS.EXE - FIPS の実行ファイル
RESTORRB.EXE - RESTORRB の実行ファイル
COPYING - GNU の GPL (ゼネラル・パブリック・ライセンス)
README.1ST - 本ファイル
FIPS.DOC - FIPS に関するドキュメント
SPECIAL.DOC - OS/2, Stacker, OnTrack Disk Manager に関する特別な問題
FIPS.FAQ - 頻繁に受ける質問とその回答
TECHINFO.TXT - FIPS に関する技術情報
ERRORS.TXT - FIPS のエラーメッセージの簡単な説明
HISTORY.TXT - 改訂の履歴
もし、ファイルが不足している場合は、オリジナルのアーカイブから入手してください。それでも見つからない場合は、連絡してください。

Arno Schaefer < mailto:schaefer@nacamar.de>


前のページ





Production Japan Import Application. Since 1998