痛み メプロキサール錠

FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[薬][痛み メプロキサール錠]

成分(一般名) : エピリゾール
製品例 : メブロン錠(50mg)~(100mg)、メブロン顆粒30%、アナロック錠
区分 : 解熱鎮痛消炎剤/塩基性消炎鎮痛剤/抗炎症鎮痛剤

概説 腫れや痛みをやわらげ、熱を下げるお薬です。
作用 炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの症状をおさえます。熱を下げる作用もあります。ただし、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。
特徴 作用のおだやかな塩基性の鎮痛薬に分類されます。一般的な酸性の鎮痛薬にくらべ効果は劣りますが、副作用は少なくなります。アスピリン喘息の人は飲んではいけないことになっていますが、酸性の鎮痛薬よりは安全と考えられています。
注意
【診察で】
胃腸の悪い人、腎臓や肝臓の悪い人など持病のある人は医師に伝えておきましょう。病気によっては症状を悪化させるおそれがあります。
喘息やアレルギーのある人も医師に報告しておいてください。
妊娠中の人は、医師にお伝えください。


【注意する人】


胃潰瘍など消化性潰瘍のある人は基本的には避けます(特別な胃薬と併用して用いることがあります)。そのほか、血液の病気、肝臓病、腎臓病、喘息などの人も病状により使用できない場合があります。副作用のでやすい高齢の人も慎重に用います。


適さないケース..アスピリン喘息、消化性潰瘍のある人、重い血液の病気、重い肝臓病、重い腎臓病。

【飲み合わせ・食べ合わせ】
市販のかぜ薬や鎮痛薬との併用は控えてください。服用中の薬は、医師に伝えておきましょう。
飲酒は控えめにしてください。多量のアルコールは、胃や肝臓の副作用をでやすくします。

【使用にあたり】
食後に多めの水(コップ1杯)でお飲みください。頓服の場合も、できたら食後にあわせて飲んだほうがよいでしょう。
カゼでは頓服が原則です。頓服の指示がある場合は、症状のひどいときだけ使用してください。よくなってきたら、早めに中止したほがよいでしょう。
肩こりや腰痛、外傷などで使用している場合、漫然と続けず、痛みの程度により、減量や中止を考慮する必要があります。症状がよくなったら、継続の可否についても医師とよく相談してみてください。リウマチなど慢性的な炎症疾患は別として、鎮痛薬の安易な長期服用は好ましくありません。
慢性関節リウマチでは、よい効果がでるまでに2〜4週間くらいかかることがあります。指示された期間続けるようにしてください。


【妊娠授乳】


妊娠中はできるだけ控えます。どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。

【その他】
胃の副作用を予防するのに、胃腸薬が処方されることがあります。
他の人、とくに子供には代用しないでください。
カゼなど感染症による発熱やノドの腫れは、ばい菌を殺菌駆除するための自然な防御システムです。これを薬で無理に抑えれば、かえって病気そのものの治りを遅らせてしまうことさえあります。とくにインフルエンザなどウイルス性の病気では、むやみに熱を下げればよいというものではありません。

効能
【効能A】
手術ならびに外傷後の消炎・鎮痛。
次の疾患の消炎・鎮痛//腰痛症、頸肩腕症候群、関節症、神経痛、膀胱炎、子宮付属器炎、会陰裂傷、抜歯、智歯周囲炎、歯髄炎、慢性関節リウマチ。

【効能B】
次の疾患の鎮痛//急性上気道炎。

用法

【効能A】


通常、成人は1日量エピリゾールとして150〜450mgを1日2〜4回に分けて経口服用する。ただし、慢性関節リウマチにはエピリゾールとして1日量600mgを経口服用する。なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。


【効能B】


通常、成人はエピリゾールとして、1回量50〜150mgを頓用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、原則として1日2回までとし、1日最大450mgを限度とする。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。

副作用 鎮痛薬のなかでは副作用が少ないほうです。酸性の鎮痛薬にみられる重い胃腸障害はほとんどありません。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
ショック..気持ち悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、胸苦しさ、めまい、脈が弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。


【その他】


胃痛・腹痛、食欲不振、吐き気、発疹






Production Japan Import Application. Since 1998