D-Command コマンドプロンプトHELP-CACLS

パソコン
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[パソコン][D-Command コマンドプロンプトHELP-CACLS]
CMD.EXE
コマンド プロンプト HELP
  • CACLS ( 5 / 71 )
<Index>

ファイルのアクセス制御リスト(ACL) を表示または変更します。



CACLS ファイル名 [/T] [/E] [/C] [/G ユーザー名:アクセス権]

                 [/R ユーザー名 [...]] [/P ユーザー名:アクセス権 [...]]

                 [/D ユーザー名 [...]]

  ファイル名        ACL を表示します。

  /T                現在のディレクトリとすべてのサブディレクトリにある

                    指定されたファイルの ACL を変更します。

  /E                ACL を置き換えずに、ACL を編集します。

  /C                アクセス拒否エラーを無視して、ACL の変更を続行します。

  /G ユーザー名:アクセス権   

                    指定されたユーザーにアクセス権を与えます。

                    アクセス権: R  読み取り

                                W  書き込み

                                C  変更 (書き込み)

                                F  フル コントロール

  /R ユーザー名     指定されたユーザーのアクセス権を失効させます。

                    (/E オプションと共に使用)。

  /P ユーザー名:アクセス権 

                    指定されたユーザーのアクセス権を置き換えます。

                    アクセス権: N  なし

                                W  書き込み

                                R  読み取り

                                C  変更 (書き込み)

                                F  フル コントロール

  /D ユーザー名     指定されたユーザーのアクセスを拒否します。

複数のファイルを指定するには、ワイルドカードを使用できます。

複数のユーザーを指定できます。 



省略形:

   CI - コンテナ継承。

        ACE はディレクトリに継承されます。

   OI - オブジェクト継承。

        ACE はファイルに継承されます。

   IO - 継承のみ。

        ACE は現在のファイル/ディレクトリに適用されません。







Production Japan Import Application. Since 1998