D-Command コマンドプロンプトHELP-CHKDSK

パソコン
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[パソコン][D-Command コマンドプロンプトHELP-CHKDSK]
CMD.EXE
コマンド プロンプト HELP
  • CHKDSK ( 10 / 71 )
<Index>

ディスクをチェックし、現在の状態を表示します。


CHKDSK [ボリューム[[パス]ファイル名]]] [/F] [/V] [/R] [/X] [/I] [/C] [/L[:サイズ]]


  ボリューム      ドライブ文字 (文字の後にはコロンを付ける)、マウント
                  ポイント、ボリューム名を指定します。
  ファイル名      FAT/FAT32 のみ: 断片化をチェックするファ
                  イルを指定します。
  /F              ディスクのエラーを修復します。
  /V              FAT/FAT32:ディスクの全ファイルの完全なパスと名前を表示しま
                  す。
                  NTFS: クリーン アップ メッセージがあればそれも表示します。
  /R              不良セクタを見つけ、読み取り可能な情報を回復します。
                  (/F を意味します)
  /L:サイズ       NTFS のみ: ログ ファイル サイズを指定された KB 数に
                  変更します。サイズが指定されていないときは、現在のサイズ
                  を表示します。
  /X              必要であれば、最初にボリュームを強制的にマウントを解除
                  します。ボリュームへ開かれているすべてのハンドルは、無効
                  になります。
  /I              NTFS のみ: インデックス エントリのチェックを抑制して実施
                  します。
  /C              NTFS のみ; フォルダ構造内の周期的なチェックをスキップ
                  します。

/I または /C スイッチは、ボリュームのあるチェックをスキップして、Chkdsk の実
行時間を短くします。







Production Japan Import Application. Since 1998