ディスク ディスク_クリーンアップデータそのままディスク容量を少し増やす

パソコン
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[パソコン][ディスク ディスク_クリーンアップデータそのままディスク容量を少し増やす]
 
《名前》ローカル ディスク (C:)
《種類》ローカル ディスク
《合計サイズ》101 GB
《空き領域》40.4 GB
《名前》DVD-RAM ドライブ (D:)
《種類》CD ドライブ
《名前》ボリューム (E:)
《種類》ローカル ディスク
《合計サイズ》465 GB
《空き領域》11.4 GB
《名前》ローカル ディスク (F:)
《種類》ローカル ディスク
《合計サイズ》488 GB
《空き領域》86.2 GB
《名前》ローカル ディスク (G:)
《種類》ローカル ディスク
《合計サイズ》341 GB
《空き領域》60.8 GB
マイ コンピュータ
該当ドライブを右クリック
プロパティー
 
種類:
ローカル ディスク
ファイル システム:
NTFS
ドライブを圧縮してディスク領域を空ける(C) チェックを外す
このディスクにインデックスを付け、ファイル検索を速くする(I) チェック
ローカル ディスク (F:)のプロパティ
全般
ディスクのクリーンアップ(D)
 
ディスク クリーンアップ
(F: ) に作成される空き領域を計算しています。数分かかることがあります。
スキャン中
 

説明 ごみ箱必ずチェック
ごみ箱には、コンピュータから削除されたファイルが格納されています。ごみ箱を空にするまでは、ファイルは完全には削除されません。
説明 古いファイルの圧縮
ある期間アクセスされていないファイルを圧縮することができます。ファイルを圧縮するとディスク領域を節約できます。ファイルはどれも削除されず、ファイルへのアクセスは可能です。ファイルにより圧縮率が異なるため、圧縮により得られるディスク領域の表示は概数になります。
補足:かなり領域は増加するがかなりの時間を要する
説明 コンテンツ インデックス作成ツールのカタログ ファイル
インデックス サービスは、ディスク上のファイルのインデックスを維持することによって、高速かつ高機能にファイルの検索を実行できます。このファイルは前回のインデックス操作で残ったもので、安全に削除できます。
ディスク クリーンアップ - (F:)
ディスク クリーンアップを実行すると (F:) の空き領域が 19,684,734 KB 増加します。
削除するファイル(F)
ごみ箱
1,005,949

古いファイルの圧縮
18,678,78

コンテンツ インデックス作成ツールのカタログ ファイル
0 KB


増加するディスク領域の合計:
1,005,949
OK
 
説明 ダウンロードされたプログラム ファイル
特定のページを表示したときにインターネットから自動的にダウンロードされる、ActiveX コントロールや Java アプレットです。これらは、ハード ディスクの [Downloaded Program Files] フォルダに一時的に保存されます。
説明 Temporary Internet Files
[Temporary Internet Files] フォルダには、アクセスを速くする目的で、ハード ディスクに保存した Web ページがあります。ハード ディスクに保存した Web ページには、Web ページ用に設定した個人用設定が、そのままの状態で保存されます。
説明 Microsoft エラー報告の一時ファイル
Microsoft エラー報告には後で送信されるファイル、および他の一時データ ファイルが保存されます。これらのファイルは安全に削除できます。
説明 ごみ箱
前項参照
説明 一時ファイル
プログラムは TEMP フォルダに一時的な情報を格納することがあります。普通はプログラムを終了する前にこの情報は削除されます。
説明 WebClient/Publisher の一時ファイル
WebClient/Publisher サービスはディスク上のアクセスされたファイルのキャッシュを管理します。これらのファイルはパフォーマンス上の理由によりローカルに保管されていますが、安全に削除することができます。
説明 古いファイルの圧縮
前項参照
windowsのosがインストールされているドライブの場合(通常はCドライブ)





Production Japan Import Application. Since 1998