管理ツール パーティション削除と分割とOSインストール

パソコン
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[パソコン][管理ツール パーティション削除と分割とOSインストール]

FDISKでパーティションの削除

新しくパーティションを分割
  • ヒント
  • ※WINDOWSNT系とWINDOWSNT98の同PC共存は可能です。
  • ※2Gバイト以上のハードディスクを利用可能にする「FAT32フォーマット」はWINDOWS95の場合、未対応です。
  • MS-DOSのFATは「FAT16」、WINDOWS95は「VFAT」、WINDOWS95 OSR2.1以降「FAT32」(2テラまで可能)
  • いまさらWINDOWS95が必要とは考えられませんが、各状況によっては否定は出来ませんね。
  • 起動ディスクの作成(フォーマットしても構わないPCでMS−DOSで再起動が可能ならMS−DOS処理5.からでOK)
1 使用可能PCのフロッピーDISKをセット。
2 念のためフォーマットする(2枚必要)。
3 コントロール パネルのアプリケーションの追加と削除を開きます。
4 [起動ディスク] タブをクリックし、[ディスクの作成] をクリックします。
5 画面に表示される指示に従って操作してください。

MS−DOS処理

1 インストールしたいPCに起動ディスク1をセットして再起動。
2 「Startup Menu」で「2」を選択
3 キーボードのタイプの判定
4 起動ディスク2をセット「適当なキー」を押す。(「A:¥>」と表示されたら、再び、起動ディスク1に入替て「FDISK /MBR」と入力しENTER<直ぐ終わる>)
5 「A:¥>」と表示されたら、再び、起動ディスク1に入替て「FDISK」と入力しENTER
6 大容量ディスク使用の選択
7 FDISKオプション表示「4」選択
8 「4領域情報」を確認し「ESC」キーを押す
9 再度FDISKオプション表示されるので
10 「3領域または論理MS−DOSドライブを削除」を選択
11 「MS−DOS領域または論理MS−DOSドライブを削除」の画面表示
12 「1基本MS−DOS領域を削除」を選択
13 「基本MS−DOS領域を削除」画面表示
14 どの基本領域を削除しますか?「番号入力」
15 ボリュームラベルを入力
16 よろしいですか?「Y」
17 再度FDISKオプション表示
18 「1MS−DOS領域または論理MS−DOSドライブを作成」選択
19 「1基本MS−DOS領域を作成」
20 領域確保の質問「Y」(FAT32の場合)
21 容量の質問
22 再度FDISKオプション表示
23 「1MS−DOS領域または論理MS−DOSドライブを作成」選択
24 「2拡張MS−DOS領域を作成」選択
25 サイズ入力(既に余りの領域が入っているはず)して作成
26 「ESC」キーを押す
27 「拡張MS−DOS領域内に論理MS−DOSドライブを作成」画面
28 DドライブにするサイズをM単位で入力「25」と同じサイズを入力実行(3個以上のドライブを作成する場合はサイズをここで変更)
29 「ESC」キーを押す
30 「2アクティブな領域を設定」選択
31 領域番号入力
32 「4領域情報」を確認し「ESC」キーを2回押す(ここで再起動をすると有効になる場合もある。)
33 「FORMAT C:」ENTER
34 「FORMAT D:」ENTER

MS−DOSからセットアップ

1 OSCDをセット
2 CD−ROMドライブがEの場合「E:¥SETUP」ENTER
3 スキャンディスク開始後
4 あとは画面に従う。

BIOS(バイオス)からセットアップ

1 再起動、直後「DELETE」キーを断続的に押す。
2 バイオス画面が出たら、メニューから「BOOT」を←→キーにて選択
3 起動後、読み込む順番にて上から表示されているので、
4 「CD−ROM」を選択し、テンキー「+」で最上段に移動する。
5 「SAVE EXIT」選択
6 OSCDをセット
7 再起動

CD認識後

1 画面に「CDでセットアップしますか・・」的内容を選択。
2 スキャンディスク開始後
3 あとは画面に従う。

インストール後

1 メーカーPC(リカバリーCD)以外は各ドライバーのインストールが必要。
2 FDや最近ではCDに各ドライバーが全て入っている場合もある。
3 「〜IDE〜」等と書かれたもののインストールは避けること。
4 デバイスマネージャからプロパティ→ドライバーの更新でも有効。

以上






Production Japan Import Application. Since 1998