Adobe Photoshop Elements 球体立体3D画像を作成_2/3ページ

プログラム
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[プログラム][Adobe Photoshop Elements 球体立体3D画像を作成_2/3ページ]
Adobe Photoshop Elementsで球体立体3D画像を作成
任意の画像を簡単に本格的な球体画像に作成出来ます。実際の画像チャプチャー画像で説明。
1/3ページ | 2/3ページ | 3/3ページ
5. レイヤースタイルにガラスボタンを設定

一覧の下の方にガラス(半透明)があるので選択する。

メニュー→レイヤー→レイヤースタイル→スタイル設定

照明角度や光彩(内側)サイズ及びベベルサイズを任意で設定。傾斜方向は上へで設定。
照明角度は90で真上からとなる。
※場合によっては包括光源を使用チェックを外す

※ここで注意:複数画像処理する場合
メニュー→レイヤー→レイヤースタイル→スタイル設定→レイヤースタイルをコピー
「レイヤースタイルをペースト」を使う
6. レイヤー画像を統合

一旦画像を統合する。レイヤー→画像を統合
見た目は変わりませんが周りが着色されます
7. 周りを脱色する。

ツールボックス内→マジック消しゴムツールを選択

四隅をクリックし透明にする。

イメージ→サイズ変更→画像解像度で縦横比を固定のチェックを入れ任意の大きさにする(画像を綺麗に保つためには元の大きさよりは大きくならないように)。ここでは83→39に変更。
8. カンバスサイズを少し広げる。

イメージ→サイズ変更→カンバスサイズ

アンカーは中心のままで幅と高さを同じ大きさで広げる。ここでは1.73に設定した。
1/3ページ | 2/3ページ | 3/3ページ





Production Japan Import Application. Since 1998