釣り 001-藻エビ(もえび・モエビ・藻えび・藻海老)写真・映像・動画

雑学紹介
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[雑学紹介][釣り 001-藻エビ(もえび・モエビ・藻えび・藻海老)写真・映像・動画]
  • 藻エビ(もえび・モエビ・藻えび・藻海老)
  1. 2009/11/15、管理者が藻海老を購入し釣りに出かけたところ、強風で釣りが出来なかった。50gも買ったのに非常に残念。
  2. でも、この藻海老はこのまま1週間も置いとけば死ぬのでは?と思い400円ながら殺してしまうのは惜しい気持ちになった。
  3. 近くのスーパー(イオン系BIG)に行き安い水槽はないか探してみた。
  4. するとジェックス株式会社の丁度よいものがあった。
  5. このスーパーで同メーカーで一番安い水槽は・・、1270円!しかもセット!
  6. 酸素を送り込むポンプ(水質洗浄機能つき)までついている。
  7. モエビに酸素が必要かどうかも判らぬまま、無くて死ぬよりいいかっと思い購入。
  8. 早速、家へ帰り組み立て(子供でも出来る程度)
  9. この藻海老を購入後、釣りの現地で海水をバケツに入れ、そこに放してしまったから・・、待てよ!藻海老は元気か?
  10. もう、購入後6時間は経っているが「スイスイ」泳いでいる。
  11. 念のため水槽の水はカルキ抜きをして酸素ポンプをセット「ブクブク・・・」良好。
  12. そこへモエビを放す。
  13. 暫く眺めていたら家の娘(小4)が来て興味津々。
  14. 藻海老は実に強い、海水OK、淡水OK(酸素も要らないかも)
  15. 数日後、夜釣りに行くため藻海老を取ろうとした途端、娘が怒るのだ。
  16. 子供心が藻海老に愛着がわいたのだろう・・。よくみると地味な色ではあるが鑑賞魚とは一味違う「癒し」があるではないか!
  17. 次の日、娘は好物の海老フライを食べていた。
  18. それ以降、自宅の藻海老には手をつけず釣具店で藻海老を買っては釣りに出掛け、余った藻海老はそっと水槽に入れた。
moebi/01.jpg
moebi/02.jpg
moebi/03.jpg
moebi/04.jpg
moebi/05.jpg
moebi/06.jpg
moebi/09.jpg
moebi/08.jpg
携帯動画(画質悪)
  • 2009/11/22 飼育を始めてから1週間後、水道水でカルキ抜きを行い万全と思っていたモエビが半分死んでいる。
  • 試すには少し可哀想だけど、今度は酸素ポンプを24時間止めてみたら、又、半分死んでいた。
  • 2009/11/27 飼育を始めて約2週間、飼育方法で確定したのは、水道水はカルキ抜きしてもダメ、酸素ポンプは必要だ。
  • こうなったら完全に飼育方法をマスターしよう。サイトで調べてみても答えが多くどれも信憑性に欠ける。まだまだ不明な点は沢山あるし、ゴカイ(青虫)も飼育してみたいので、その参考にもなると思う。
  • 因みに1度、釣りで余ったゴカイをこの水槽に入れた事があった(カルキ抜き水道水&酸素ポンプ)が即死だった。
  • つづく





Production Japan Import Application. Since 1998