JScript JScript関数・メソッド一覧

WEB
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[WEB][JScript JScript関数・メソッド一覧]

JScript 関数

言語要素 内容
GetObject ファイルのオートメーション オブジェクトへの参照を返します。
ScriptEngine 使用中のスクリプト エンジンを表す文字列を返します。
ScriptEngineBuildVersion 使用中のスクリプト エンジンのビルド バージョン番号を返します。
ScriptEngineMajorVersion 使用中のスクリプト エンジンのメジャー バージョン番号を返します。
ScriptEngineMinorVersion 使用中のスクリプト エンジンのマイナ バージョン番号を返します。

JScript メソッド

言語要素 内容
abs 指定された数値の絶対値を返します。
acos 指定された数値のアークコサインを返します。
anchor String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML の NAME 属性を指定する <A> タグを挿入します。
asin 指定された数値のアークサインを返します。
atan 指定された数値のアークタンジェントを返します。
atan2 X 軸から座標 (x,y) までのラジアン単位の角度を返します。
atEnd 列挙子がコレクションの最後に置かれているかどうかを示すブール値を返します。
big String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML の <BIG> タグを挿入します。
blink String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML の <BLINK> タグを挿入します。
bold String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML の <B> タグを挿入します。
ceil 指定された数値と等しいかまたはそれより大きい値となる最小の整数を返します。
charAt 指定されたインデックス番号の位置にある文字を返します。
charCodeAt 指定した文字の Unicode でのコード値を返します。
compile 正規表現を内部形式にコンパイルします。
concat(Array 2 つの配列を連結した新しい配列を返します。
concat(String 指定した 2 つの文字列を連結し、連結した文字列を格納した String オブジェクトを返します。
cos 指定された数値のコサインを返します。
dimensions VBArray の次元数を返します。
escape String オブジェクトを変換し、すべてのコンピュータで読み込めるようにします。
eval JScript のコードを評価します。
exec 指定された文字列内で、パターンに一致する文字列の検索を実行します。
exp 指定された数値を指数とする e (自然対数の底) の累乗を返します。
fixed String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML の <TT> タグを挿入します。
floor 指定された数値と等しいかまたはそれより小さい値となる最大の整数を返します。
fontcolor String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML のフォントの色を指定する <FONT> タグを挿入します。
fontsize String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML のフォントのサイズを指定する <FONT> タグを挿入します。
fromCharCode Unicode のコード値から文字列を作成します。
getDate Date オブジェクトに格納されているローカル時間の日付の日の部分を返します。
getDay Date オブジェクトに格納されているローカル時間の日付の曜日を返します。
getFullYear Date オブジェクトに格納されているローカル時間の日付の年を返します。
getHours Date オブジェクトに格納されているローカル時間の時の部分を返します。
getItem 指定した位置の項目を返します。
getMilliseconds Date オブジェクトに格納されているローカル時間のミリ秒の部分を返します。
getMinutes Date オブジェクトに格納されているローカル時間の分の部分を返します。
getMonth Date オブジェクトに格納されているローカル時間の日付の月の部分を返します。
getSeconds Date オブジェクトに格納されているローカル時間の秒の部分を返します。
getTime Date オブジェクトに格納されている時刻を返します。
getTimezoneOffset ホスト コンピュータの時刻と世界協定時刻 (UTC) との差を分単位の値で返します。
getUTCDate Date オブジェクトに格納されている世界協定時刻 (UTC) の日付の値を返します。
getUTCDay Date オブジェクトに格納されている世界協定時刻 (UTC) の日付の曜日を返します。
getUTCFullYear Date オブジェクトに格納されている世界協定時刻 (UTC) の日付の年を返します。
getUTCHours Date オブジェクトに格納されている世界協定時刻 (UTC) の時の部分を返します。
getUTCMilliseconds Date に格納されている世界協定時刻 (UTC) のミリ秒の値を返します。
getUTCMinutes Date オブジェクトに格納されている世界協定時刻 (UTC) の分の部分を返します。
getUTCMonth Date オブジェクトに格納されている世界協定時刻 (UTC) の月の部分を返します。
getUTCSeconds Date オブジェクトに格納されている世界協定時刻 (UTC) の秒の部分を返します。
getVarDate Date オブジェクトに格納されている日付の VT_DATE 値を返します。
getYear Date オブジェクトに格納されている年の部分を返します。
indexOf String オブジェクト (文字列) 内を、指定された文字列で先頭から検索します。
isFinite 指定した数値が有限かどうかを調べます。
isNaN 指定された値が NaN (not a number) かどうかを調べます。
italics String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML の <I> タグを挿入します。
item コレクション内の現在の項目を返します。
join 配列内の各要素を連結してできた String オブジェクトを返します。
lastIndexOf String オブジェクト (文字列) 内を、指定された検索文字列で後方から検索します。
lbound VBArray の指定した次元での最も小さいインデックス値を返します。
link String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML の HREF 属性を指定する <A> タグを挿入します。
log 指定された数値の自然対数を返します。
match 指定された Regular Expression オブジェクトを使って文字列に対して検索を実行します。
max 指定された 2 つの数値のうち大きい方の値を返します。
min 指定された 2 つの数値のうち小さい方の値を返します。
moveFirst コレクション内の現在の項目を最初の項目に設定し直します。
moveNext 現在の項目をコレクション内の次の項目へ移動します。
parse 日付を表す文字列を解析し、その日付と 1970 年 1 月 1 日午前 00:00:00 との差を表すミリ秒単位の値を返します。
parseFloat 文字列から変換した浮動小数点数を返します。
parseInt 文字列から変換した整数を返します。
pow 引数 exponent を指数とする引数 base の累乗を返します。
random 0 〜 1 の範囲での擬似乱数を返します。
replace 正規表現を使って置換された文字列のコピーを返します。
reverse Array オブジェクトの要素を反転させます。
round 指定された数式の値に最も近い整数を返します。
search 正規表現に一致する最初の文字列の位置を返します。
setDate Date オブジェクトに格納されている日付の日の部分をローカル時間で設定します。
setFullYear Date オブジェクトの日付の年の部分をローカル時間で設定します。
setHours Date オブジェクトに格納されている時刻の時の部分をローカル時間で設定します。
setMilliseconds Date オブジェクトに格納されている時刻のミリ秒の部分をローカル時間で設定します。
setMinutes Date オブジェクトに格納されている時刻の分の部分をローカル時間で設定します。
setMonth Date オブジェクトに格納されている日付の月の部分をローカル時間で設定します。
setSeconds Date オブジェクトに格納されている時刻の秒の部分をローカル時間で設定します。
setTime Date オブジェクトに格納する日付および時刻を直接設定します。
setUTCDate Date オブジェクトに格納されている日付の日の部分を世界協定時刻 (UTC) で設定します。
setUTCFullYear Date オブジェクトに格納されている日付の年の部分を世界協定時刻 (UTC) で設定します。
setUTCHours Date オブジェクトに格納されている時刻の時の部分を世界協定時刻 (UTC) で設定します。
setUTCMilliseconds Date オブジェクトに格納されている時刻のミリ秒の部分を世界協定時刻 (UTC) で設定します。
setUTCMinutes Date オブジェクトに格納されている時刻の分の部分を世界協定時刻 (UTC) で設定します。
setUTCMonth Date オブジェクトに格納されている日付の月の部分を世界協定時間 (UTC) で設定します。
setUTCSeconds Date オブジェクトに格納されている時刻の秒の部分を世界協定時刻 (UTC) で設定します。
setYear Date オブジェクトの日付の年の部分を設定します。
sin 指定された数値のサインの値を返します。
slice(Array 配列の一部を返します。
slice(String 文字列の一部分を返します。
small String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML の <SMALL> タグを挿入します。
sort 要素の順序を並べ替えた Array オブジェクトを返します。
split 文字列が複数の文字列に分割されたときの文字列の配列を返します。
sqrt 指定された数値の平方根を返します。
strike String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML の <STRIKE> タグを挿入します。
sub String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML の <SUB> タグを挿入します。
substr 文字列内の、指定位置からの指定された長さを持つ部分を返します。
substring String オブジェクトに格納されている文字列内の指定された位置にある文字列を返します。
sup String オブジェクトに格納されている文字列の前後に HTML の <SUP> タグを挿入します。
tan 指定された数値のタンジェントの値を返します。
test 文字列内でパターンに一致する部分が存在するかどうかを調べます。
toArray VBArray を JScript の標準配列に変換します。
toGMTString GMT 規約を使用して日付データを文字列に変換します。
toLocaleString 実行されるロケールでの既定の書式を使用して日付データを文字列に変換します。
toLowerCase すべての英字を小文字に変換した文字列を返します。
toString オブジェクトの値を表す文字列を返します。
toUpperCase すべての英字を大文字に変換した文字列を返します。
toUTCString 日付を世界協定時刻 (UTC) の文字列に変換します。
ubound VBArray の指定された次元での最も大きいインデックス値を返します。
unescape escape メソッドを使ってエスケープコード付きの文字に変換した String オブジェクトの文字列を元の形に変換します。
UTC 世界協定時刻 (UTC) (つまり GMT) の 1970 年 1 月 1 日 0 時 0 分 0 秒と、指定した日付との間をミリ秒単位で返します。
valueOf 指定されたオブジェクトのプリミティブ値を返します。





Production Japan Import Application. Since 1998