JScript JScriptオブジェクト・演算子・優先順位・配列・連想配列一覧

WEB
FROG ふろっぐ
 
  • オプション

    本文印刷

    お気に入りに追加

  • 検索

    Googlewwwjp-ia
     

    Googlewwwjp-ia
     
  • 情報

  • 関連

[WEB][JScript JScriptオブジェクト・演算子・優先順位・配列・連想配列一覧]

JScript オブジェクト

言語要素 内容
ActiveXObject オートメーション オブジェクトへの参照を有効にします。
Array 任意のデータ型の配列を作成する機能を提供します。
Boolean 新しいブール値を作成します。
Date 日付および時刻を格納しておくオブジェクトです。必要に応じて、データの必要な部分を取り出すことができます。
Dictionary キーと項目を対で格納するオブジェクトです。
Enumerator コレクション内の項目を列挙する方法を提供します。
Error JScript のコードを実行しているときに発生するエラーに関する情報を含むオブジェクトです。
FileSystemObject FileSystemObjectファイル システムへアクセスする方法を提供します。
Function 新しい関数を作成します。
Global グローバルなメソッドを 1 つのオブジェクトに集めておくために用意された組み込みオブジェクトです。
Math 数値計算のための基本的な演算機能と定数を提供する組み込みオブジェクトです。
Number 数値型のデータを表すオブジェクトです。
Object すべての JScript オブジェクトに共通の機能を提供します。
RegExp 正規表現パターンの検索に関する情報が格納されるオブジェクトです。
Regular Expression 正規表現パターンを格納するオブジェクトです。
String テキスト文字列を表すオブジェクトです。
VBArray Visual Basic のセーフ配列へアクセスする方法を提供します。

JScript 演算子

言語要素 内容
加算(+) 2 つの数値の和を求めます。または 2 つの文字列を連結します。
代入(=) 値を変数に代入します。
ビットごとのAND (&) 2 つの値のビットごとの AND をとります。
ビットごとの左シフト(<<) 変数の値を式で指定されたビット数分だけ左へシフトします。
ビットごとのNOT (~) 式で指定された値の各ビットを反転させます。
ビットごとのOR (|) 2 つの値のビットごとの OR をとります。
ビットごとの右シフト(>>) 変数の値を式で指定されたビット数分だけ右へシフトします。符号は保持されます。
ビットごとのXOR (^) 2 つの値のビットごとの排他的論理和をとります。
カンマ(,) 2 つの式を順に続けて実行させます。
比較 2 つの式を比較した結果を示すブール値を返します。
複合代入 複合代入演算子の一覧です。
条件(?:) 条件に応じて 2 つの式のどちらかを実行します。
デクリメント(--) 変数の値をデクリメント (1 だけ減少) します。
delete オブジェクトのプロパティ、または配列の要素を削除します。
除算(/) 指定された 2 つの数値で除算を行います。
等しい(==) 2 つの式を比較し、等しいかどうかを判断します。
より大きい(>) 一方の式がもう一方の式よりも大きいかどうかを判別するために 2 つの式を比較します。
より大きいか等しい(>=) 一方の式がもう一方の式と等しいか、またはそれよりも大きいかどうかを判別するために 2 つの式を比較します。
厳密等価(===) 2 つの式が等しく、同じデータ型であるかどうかを判別するために式を比較します。
インクリメント(++) 変数の値をインクリメント (1 だけ増加) します。
等しくない(!=) 2 つの式が等しくないか、または同じデータ型でないかどうかを判別するために式を比較します。
instanceof オブジェクトが特定のクラスのインスタンスかどうかを示すブール値を返します。
より小さい(<) 一方の式がもう一方の式よりも小さいかどうかを判別するために 2 つの式を比較します。
より小さいか等しい(<=) 一方の式がもう一方の式と等しいか、またはそれよりも小さいかどうかを判別するために 2 つの式を比較します。
AND (&&) 2 つの値の論理積を求めます。
NOT (!) 式で指定された値の論理否定を求めます。
OR (||) 2 つの値の論理和を求めます。
剰余(%) 2 つの数値で除算を行い、剰余を求めます。
乗算(*) 2 つの数値の積を返します。
new 新しいオブジェクトを作成します。
厳密非等価(!==) 2 つの式が等しくないか、または同じデータ型でないかどうかを判別するために式を比較します。
優先順位 JScript の演算子の優先順位に関する情報の一覧が表示されます。
減算(-) 2 つの数値の差を求めます。
typeof 式のデータ型を識別する文字列を返します。
単項マイナス符号(-) 式の符号を反転した値 (数値の負の値) を求めます。
符号なし右シフト(>>>) 式の各ビットを指定されたビット数分だけ右へシフトします。
void 式が値を返すことができないようにします。

演算子の優先順位

演算子 説明
. [] () フィールド アクセス、配列のインデックス、関数の呼び出し、および式のグループ化
++ -- - ~ ! delete new typeof void 単項演算子、データ型の取得、オブジェクトの作成、未定義の値
* / % 乗算、除算、剰余
+ - + 加算、減算、文字列の連結
<< >> >>> ビット シフト
< <= > >= instanceof より小さい、より小さいか等しい、より大きい、より大きいか等しい、instanceof
== != === !== 等しい、等しくない、厳密に等しい、厳密に等しくない
& ビットごとの AND
^ ビットごとの XOR
| ビットごとの OR
&& 論理 AND
|| 論理 OR
?: 条件
= OP= 代入、複合代入
, 複数の評価

配列/連想配列

演算子 プロパティ名の扱い プロパティ名の操作上の差異
ドット演算子 "." 識別子 データとして操作できない
添字演算子 "[]" 文字列リテラル データとして操作可能





Production Japan Import Application. Since 1998